アリバイ会社の優良業者紹介サイト【2017年最新版】

最終更新日:2017年11月19日

保育園入園について

よくニュースでやっている待機児童問題で認可保育園に入園できなくて、困っている親御さんは多いと思います。保育園に入園できなく、働きたくても働けないお母さんも多いようです。
認可保育園というのは、誰でも入園できるわけではありません。決められ た条件を満たしているかどうかがポイントになるようです。その決められた条件というのも、地域によって違うようなので事前に市町村などで調べておくのが大切になります。
片親の家庭、共働きで誰も面倒を見る人が居ない家庭、 両親が働いているけれど面倒を見る人が高齢者など様々な条件があるようです。
入園を希望する際、申込する家庭の状況によっては入園が難しくなる場合もあります。仕事をしていても、職種が「水商売」・「風俗店」等では入園できません。一度入園を取り消されてしまいますと同じ区での保育園の入園は難しくなるで、慎重に行動しましょう。

就労証明について

お子様を認可保育園に預けようと検討している方は、事前に準備することがいくつかあります。そのなかでも、一番重要なのが提出書類関係です。
保育園にお子様を預けるために絶対に必要となる書類が【就労証明書】です。この就労証明書はその名前の通り、働いていることを証明するための書類となります。就労証明書はお勤め先の会社で貰うことができますので、お勤め先の担当の部署に申請して準備しておくようにしてください。
この書類がないと、認可保育園に子供を預けることは難しくなってしまいます。なぜなら認可保育園というのは、基本的にご両親が働いているなど昼間に子供の保育が出来ない人を対象としているからです。
どうしても働いていない方や、これからパートなどを探すという方はこの就労証明書を用意するのが難しくなってしまいます。